読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロシホン

ココロの健康は資本です。プチ心理学ライターの独り言です。

自分に「自信が無い」原因は「自己無価値感」にあり。

心理学

f:id:nazenanido:20161124105226j:plain

「自信が無い」という人は多いものですが、その原因をさかのぼって探そうとすることはまずありません。そのため、実は解決にならない無駄な努力を重ねてしまうことが多いものです。原因が分からなければ対処法もありません。そこで、自信の無さの背景に横たわる「自己無価値感」について、ここでは考えてみたいと思います。

自信の無い原因である「自己無価値感」

自分に自信が無いという感覚のことを「自己無価値感」と呼びます。この言葉は、木村隆介氏の『悪魔への挑戦状―真の人間の価値とは何か―』(郁朋社、二〇〇〇年)によるものだそうですが、現在は絶版で手に入りません。


悪魔(サタン)への挑戦状―真の人間の価値とは何か

私は、根本橘夫氏の「なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学 (PHP新書)」で、この言葉と定義を知り、「自信が無い」という言葉の根っこを知ることができたように感じました。

幼少期に身に着く「基底的自己無価値感」

劣等感の心理学と言われるアドラーは、神経症や心の問題の多くを、幼少期の体験と結びつけましたが、この考え方は、そこに源流があるように思えます。神経症の症例集では、多くの問題行動の背景に幼少期の劣等感を抱かせる状況が存在しています。
(参考:症例集: ケース・ヒストリーズ(神経症の心理学) Kindle版 アルフレッド・アドラー (著) - ただの読書ログ)。これは、実際に生じたか否かは関係なく、本人が自覚した経験です。アドラーの場合は、自分は身体障害を抱えており、兄は自由に走り回ることができ、そこで生じた劣等感が彼の心理学へのキャリアを進ませる原動力となりました。

人が、自己価値観人間(自信のある人)になるか、自己無価値感人間(自信の無い人)になるかは、幼少期に「基底的自己無価値感」を身に着けてしまうことに原因を求めることができるようです。簡単に言えば「根っこから自信が無い」状態ということです。

「 アドラーは、子どもの基礎的な心は五歳までに決定されてしまうと述べており、交流分析の創始者であるバーンは、八歳頃までに固まってしまうといっています。こうしたことから、基底的自己無価値感は、児童期初期にはほぼ確定してしまうと考えられます。 」「なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学 根本橘夫 (PHP新書)」

とりわけ幼い時、赤ちゃん時代は特に、自分の身を自分で守ることができないため、親や周囲の環境にに全く依存しています。この時期に、3つの必要が満たされないと、自己価値感(自信がある状態)が育ちにくいと言われています。

自己価値感(自信の獲得)に関わる3つの必要

「第一は、自分が安全に守られているという感覚が与えられること。  第二は、自分と外界とがフィットしているという感覚、すなわち、適合感を持てること。  第三は、自分がこの世で歓迎されているという実感を持てること。 」「なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学 根本橘夫 (PHP新書)」

外の世界が安全だと理解できなければ、子供は外の世界を恐れに満ちたものと考えるようになります。無条件に親から愛情を感じ取れなければ、子供は、「~~~しなければ」愛は得られないと思い込むようになります。自分の存在そのものが受け入れられているという実感・確信が無ければ、真の意味での自己価値感 は育ちにくいのです。

親から虐待されたわけではないとしても、子供が自己無価値感を体得してしまうことは少なくないようです。例えば、親が忙しすぎる家庭の場合、子供は、自分よりも大切なことに親の注意が向けられていることを体感します。「~~しなければ」親に褒められないということを知った子供は、「ただそのまま」存在しているだけでは、自分には価値が無いのだということを学ぶようになります。

この3つの必要を失った子供は、大きくなってからも「絶対的に」認められているという感覚を持ちにくくなります。そして、意識しているとしても、そうでないとしても、「自己無価値感」を克服(穴のあいたバケツに水を貯めようというような徒労)しようとする人生を歩み始めることになります。

自己無価値感(自信の無さ)が人生に及ぼす影響

「自信が無い」と言いつつ、ビジネスの分野で駆り立てられるように成果を求めたり、出世したりする人がいます。また、学業が「超」優秀な人の中にも、強烈な自己無価値感と闘っている人がいます。いわゆるアドラーの言う「昇華」です。しかし、それは、人を真に満ちたらせるものでは無いでしょう。前述のたとえのように、穴のあいたバケツに水を貯めようとする努力にも等しいものだからです。

自己無価値感は、人生の中で日々、葛藤を生み出すことになります。

・優柔不断(自分が良いと思うことを信じられない)
・悲観的(外界は恐れを生み出す場所になっている)
・簡単に傷ついてしまう(拒絶・反対に弱い)
・いつかボロが出てしまうことを恐れる
・「するべき」「しなければ」に支配されている
・「本当の人生」を生きている気がしない

ありのままの自分に自信が無いため、他の人からの称賛や社会的に見て、自分が自信を持てるというポジションを探すため、涙ぐましいほどの努力を傾けるのですが、それでも、絶対的な自信を獲得することはできません。例えば、仕事や勉強で成功したとしても、それは、人生の一面の成功にすぎず、自分自身への絶対的な信頼ではないということを、自己無価値感人間は非常にはっきりと自覚しています。だからこそ、成功の絶頂にあるときにも、「いつかはボロが出る」「いつかは失敗する」という全くネガティブな感情にとらわれています。その感情を追いやるべく、さらに成果を求めて、過大な目標に取り組んだりするわけですが、心が満たされることはありえないでしょう。

多くのビジネス書・成功本で、自分自身の成功を誇り、さらに、上へ上へと自分を駆り立てている上昇志向の著者の背景には強烈な自己無価値感があるかもしれません。これは表面に見える、自信や尊大な態度とは対極にあるものです。上昇するか、転落するか、のきわどい人生を送る人は、どこかで「燃え尽き」てしまうかもしれません。

kokoro-shihon.hatenadiary.jp

まとめ

「自信が無い」原因を探るひとつの理論として「自己価値感」「自己無価値感」を取り上げました。すべての性格の背景を幼少期に求めるのは時に不愉快なことですが、「自信が無い」原因をある程度、あぶりだしておかなければ、一生涯にわたって無為な努力を積み重ねる可能性があります。(無為な努力ではありませんが、本人の心が満たされないという意味で)。

自己無価値感人間が自己価値感を再学習することは可能です。

「人生の目的は、無価値感を埋めることではなく、幸福であることです。大事なことは、自己無価値感を代償しようと努力するのではなく、幸福であるための努力をすることです。  無能力と思われたくない。批難されたくない。人から評価されたい。ほめられたい。注目されたい。箔をつけたい。有名になりたい。それによって自信を持ちたい。  いずれも無価値感を埋めようとする欲求です。このような目標への努力で人生を送ってしまったとしたら、結局は自分の人生を生きなかったことになります。  そうではなく、幸福への努力をすることです。  幸福とは到達点ではありません。幸福とは、満たされた環境のことでもありません。幸福とは生活のプロセスであり、生活のあり方にともなう心地良い感情のことです。」「なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学 根本橘夫 (PHP新書)」

派手なことではありませんが、毎日、毎日、自分の感情が満たされる時間を大切にすることで、他者から見て成功しているか否かではなく、自分自身で成功しているという実感を持つことができるようになります。自己無価値感は、「自信が無い」という、根深い人格のボトルネックになっていることが多いものですが、まずは、その存在に気づくことが、すべてのスタートになるのではないでしょうか?

広告